親交(読み)しんこう

精選版 日本国語大辞典「親交」の解説

しん‐こう ‥カウ【親交】

〘名〙 親しく交わること。また、親密な交際
※滑稽本・八笑人(1820‐49)初「こっちが十分見くだして計りゐるからしんかうがねへけれど」 〔漢書‐翟方進伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「親交」の解説

しん‐こう〔‐カウ〕【親交】

親しくつきあうこと。親密な交際。「親交を結ぶ」「親交を深める」
[類語]友情友愛友誼友好親睦交遊交歓深交交誼厚誼昵懇懇意懇親交際付き合い交わり人付き合い触れ合い社交交友行き来旧交国交国際交流交情高誼よしみ懇親接触コンタクト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「親交」の解説

【親交】しんこう(かう)

親しい交わり。・曹植〔丁儀に贈る〕詩 思す、陵子(季子)の 寶劍惜しむに非ざるを 子(し)、其れ爾(なんぢ)の心を(やす)んぜよ 親、義(うす)からず

字通「親」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android