コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印象派

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

印象派

1860年代半ばにフランスで起きた芸術運動で、描く対象の輪郭や固有の色より、周囲の光や空気の変化を正確にとらえようとした画家たちをさす。港の早朝を描いたモネの「印象・日の出」(1872年)が由来。サロン(官展)落選組が中心で冷笑されたが、旧来写実主義遠近法を離れ、自分の感覚に正直な画法として後世の絵画に計り知れない影響を与えた。独自の造形と筆づかいのセザンヌゴッホゴーギャンらは後期印象派と呼ばれる。

(2006-12-06 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

いんしょう‐は〔インシヤウ‐〕【印象派】

印象主義によって立つ芸術運動の一派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

印象派【いんしょうは】

印象主義

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いんしょうは【印象派】

印象主義に立つ芸術家の一派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印象派
いんしょうは

印象主義」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印象派
いんしょうは

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

印象派の関連キーワードアウレリアーノ ベルエーテ・イ・モレートアンリ・E.A. ル・シダネルフェデリーコ サンドメーネギエミール・オットン フリエスギュスターヴ カイユボットデュラン・リュエル商会アルマン ギヨーマン印象派とポスト印象派アルベール ルブールマルモッタン美術館F. ブラックモンポール シニャックマイアー=グレフェA. ギョーマンM. ボローシンC. ハッサムオルセー美術館ジャポニスムカスタニャリコートールド

印象派の関連情報