カセグレンアンテナ(英語表記)Cassegrain antenna

大辞林 第三版の解説

カセグレンアンテナ【Cassegrain antenna】

極超短波通信用のアンテナの一。放物面鏡をもつ主鏡と双曲面鏡をもつ副鏡を組み合わせているので、鏡面が多く、パラボラアンテナよりも放射特性において優れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカセグレンアンテナの言及

【パラボラアンテナ】より

…マイクロ波帯の高利得アンテナとして広く実用されている。大型の場合の変形として,主反射鏡のパラボラと焦点を共有する回転双曲面の副反射鏡を組み合わせて,二重反射を利用する型式のカセグレンアンテナがある。これは衛星通信用,電波天文用などの高性能アンテナとして使用されている。…

※「カセグレンアンテナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android