コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタナンケ Catananche caerulea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタナンケ
Catananche caerulea

キク科の1属名で5種が含まれるが,園芸上は普通,ルリニガナをさす。南ヨーロッパに自生する多年草で,葉は披針形または線形で叢生する。 40~60cmの花茎を伸ばし,茎頂に直径 5cm前後の頭状花をつける。頭状花は淡青色で中心部は黒紫色。ほかに白花品種もある。舌状花のみで形成され,乾質で花後ドライフラワーになる。高温多湿にやや弱く,日当りのよい乾燥地を好む。過湿に注意する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android