舌状花(読み)ぜつじょうか(英語表記)ligulate flower

デジタル大辞泉の解説

ぜつじょう‐か〔ゼツジヤウクワ〕【舌状花】

合弁花の一。下部は筒状で、上部の一部が舌状に伸びている花。タンポポなどにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌状花
ぜつじょうか

合弁花の一種で、通常はキク科の頭状花序につく左右相称の花をいう。下部は筒状であるが、上部は花冠の一部が伸び広がって舌状になり、普通、さまざまに着色する。両性の場合もあるが、しばしば雌性、または不稔(ふねん)(雄蕊(ゆうずい)・雌蕊をつけない)となる。タンポポやニガナでは頭状花序は舌状花のみからなるが、ヨメナやキクでは頭状花序の中央部に管状花が集まり、周囲を舌状花が取り囲む。アザミなどでは舌状花はない。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android