コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌状花 ぜつじょうか ligulate flower

3件 の用語解説(舌状花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌状花
ぜつじょうか
ligulate flower

花弁が数枚平行について舌状になっている舌状花冠をもつ花。キク科のヒマワリタンポポなどでみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜつじょう‐か〔ゼツジヤウクワ〕【舌状花】

合弁花の一。下部は筒状で、上部の一部が舌状に伸びている花。タンポポなどにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌状花
ぜつじょうか

合弁花の一種で、通常はキク科の頭状花序につく左右相称の花をいう。下部は筒状であるが、上部は花冠の一部が伸び広がって舌状になり、普通、さまざまに着色する。両性の場合もあるが、しばしば雌性、または不稔(ふねん)(雄蕊(ゆうずい)・雌蕊をつけない)となる。タンポポやニガナでは頭状花序は舌状花のみからなるが、ヨメナやキクでは頭状花序の中央部に管状花が集まり、周囲を舌状花が取り囲む。アザミなどでは舌状花はない。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舌状花の関連キーワードカスケード晶帯平行脈管物桫欏舌状リップルマークマントルド・ナイス・ドームリボン状貫入オグルマ舌状連尾蹄鉄 (tongue bar shoe)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone