コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌状花 ぜつじょうかligulate flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌状花
ぜつじょうか
ligulate flower

花弁が数枚平行について舌状になっている舌状花冠をもつ花。キク科ヒマワリタンポポなどでみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜつじょう‐か〔ゼツジヤウクワ〕【舌状花】

合弁花の一。下部は筒状で、上部の一部が舌状に伸びている花。タンポポなどにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌状花
ぜつじょうか

合弁花の一種で、通常はキク科の頭状花序につく左右相称の花をいう。下部は筒状であるが、上部は花冠の一部が伸び広がって舌状になり、普通、さまざまに着色する。両性の場合もあるが、しばしば雌性、または不稔(ふねん)(雄蕊(ゆうずい)・雌蕊をつけない)となる。タンポポやニガナでは頭状花序は舌状花のみからなるが、ヨメナやキクでは頭状花序の中央部に管状花が集まり、周囲を舌状花が取り囲む。アザミなどでは舌状花はない。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

舌状花の関連キーワードジョチュウギク(除虫菊)タカサゴソウ(高砂草)ノコンギク(野紺菊)オオグルマ(大車)ヒマワリ(向日葵)シュンギク(春菊)アフリカキンセンカブルー・デージークンショウギクシュウブンソウポンポンダリアブクリュウサイノギク(野菊)タカサブロウハキダメギクヒメジョオンソリダスターセンダングササワシロギクテンニンギク

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android