コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピターノ・デル・ポポロ カピターノ・デル・ポポロcapitano del popolo

1件 の用語解説(カピターノ・デル・ポポロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピターノ・デル・ポポロ
capitano del popolo

中世イタリアコムーネにおいて市民運動を代表した者の職名。 13世紀のコムーネポポロという市民の自衛組織をつくったが,ポポロは,コムーネを代表するポデスタ職にならって,自分たちを代表する者を他都市から招いて1年任期でその任にあたらせた。この職についた者がカピターノ・デル・ポポロ (ポポロの首領) である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカピターノ・デル・ポポロの言及

【コムーネ】より

…一方,政治から排除されていた商人や手工業者が13世紀中に台頭し,自衛団体であるポポロを結成し,ポデスタを長とするコムーネに対抗した。やがてポポロは,ポデスタを模倣したカピターノ・デル・ポポロ(ポポロの長)を頂点とする〈コムーネのなかのコムーネ〉となった。ポポロの台頭によって,13世紀末からコムーネは〈旧来のコムーネ〉と〈ポポロ〉の複合体となった。…

【シニョリーア制】より

…シニョーレとして権力を掌握した者の出自はさまざまであった。都市の司政官(ポデスタ,カピターノ・デル・ポポロなどと呼ばれ,都市法に立脚した統治を委任されるもの。任期は半年から2年程度)が全権を掌握し,職務を終身のものとしてしまう場合,強力な軍事力をもつ領主層が軍事指揮官としてコムーネに招聘され,さらに政権を得る場合などがあった。…

※「カピターノ・デル・ポポロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone