首領(読み)しゅりょう

精選版 日本国語大辞典「首領」の解説

しゅ‐りょう ‥リャウ【首領】

〘名〙
① くび。かしら。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「さなくは打ころされてくびをも人にとられうずに、首領を保て無為に死して地に没すると云ふ心也」 〔春秋左伝‐隠公三年〕
② 人のかしらに立つもの。おさ。頭目(とうもく)主領。現代では悪人仲間の長についていうことが多い。
※曾我物語(南北朝頃)五「其功を賞じて、范蠡をば、万戸のしゅれうになさんとし給ひしか共、范蠡、かつて祿をうけず」
※俳諧・落日庵句集(1780頃か)「盗人の首領哥よむけふの月」 〔隋書‐郭栄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「首領」の解説

しゅ‐りょう〔‐リヤウ〕【首領】

一つの仲間の長。かしら。頭目。親分。多く、悪党に対していう。「盗賊の首領

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android