コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カポジ肉腫 カポジにくしゅKaposi's sarcoma

翻訳|Kaposi's sarcoma

3件 の用語解説(カポジ肉腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カポジ肉腫
カポジにくしゅ
Kaposi's sarcoma

皮膚,粘膜,リンパ節,内臓にできる悪性腫瘍 (しゅよう) で,発見者のオーストリアの皮膚科医 M.カポジの名が冠されている。 HIV (ヒト免疫不全ウイルス) による免疫力の低下が発症の引き金となる。 1981年6月以来,アメリカで若い男性同性愛者の間にこのカポジ肉腫リンパ肉腫が多数例発症し,エイズ発見のきっかけとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

カポジにくしゅ【カポジ肉腫】

皮膚の悪性腫瘍の一。皮膚表面がただれて出血しやすくなる。エイズ患者に発生しやすい。多発出血性肉腫。カポシ肉腫。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カポジ肉腫の関連情報