カヤリグ(英語表記)Kayalik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤリグ
Kayalik

中央アジアのイリ地方コパル付近にあった都市。中国史料は「海押立」と記し,フランス王ルイ9世の使者として 13世紀にモンゴルに派遣された G.リュブリュキが「カイラク」と記す。 11~13世紀に中継商業によって繁栄した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android