コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラタチゴケ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラタチゴケ

ラマリナ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラタチゴケ
からたちごけ
[学]Ramalina calicaris Rhl. var. japonica Hue

地衣類サルオガセ科の1種で、山地の樹皮に着生し、長さ2~5センチメートル。地衣体は二又状に分かれ、灰白色で、幅の狭い帯状となり、縁(へり)には刺(とげ)状の突起が出る。日本各地のほか、台湾にも分布する。
 サルオガセ科カラタチゴケ属全体の総称名としてカラタチゴケということもある。日本にはカラタチゴケ属として約20種が知られ、いずれも山地の樹皮に着生する。まれに山地の岩上や、海岸近くの岩上にもみられる。地衣体は灰白色ないし黄緑色で、二又状に分かれる。この属には、高山性のタカネカラタチゴケR. roesleri、海岸性のハマカラタチゴケR. crassa、日本特産のホソカラタチゴケR. exieisなどが含まれる。[佐藤正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラタチゴケの関連キーワード地衣類

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android