カラハツタケ(辛初茸)(読み)カラハツタケ(英語表記)Lactarius torminosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラハツタケ(辛初茸)
カラハツタケ
Lactarius torminosus

担子菌類マツタケ目ベニタケ科のキノコ。傘は中央がくぼんでいて一見漏斗状であるが,縁は下垂している。3~14cm,表面は白色ないし淡桃色,ひだは垂生して白色。胞子紋も白色。茎は4~8cm,径1~2.5cm,傷つけると白い汁が出る。非常に辛みが強いが,毒成分とはいわれていない。夏秋の頃,林地の地上に群生する。北海道,本州に産し,北アメリカヨーロッパシベリアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android