コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルテラック Cartailhac, Edouard Philippe Emile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルテラック
Cartailhac, Edouard Philippe Emile

[生]1845.2.15. マルセイユ
[没]1921.11.25. ジュネーブ
フランスの先史考古学者。トゥルーズ大学理学部教授。アルタミラ洞窟壁画の研究で名高い。古生物学の進展にも貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルテラック
かるてらっく
Emile Cartailhac
(1843―1921)

フランスの考古学者。19世紀末西ヨーロッパ各地で発見された洞窟(どうくつ)壁画が、旧石器時代に属さないとする側の唱道者であった。しかし、1902年にそれまでの自説を撤回する論文「懐疑論者の罪状告白」を発表。12年には、かつてフランスのラルテEdouard Armand Isidore Hippolyte Lartet(1801―71)によって提唱されながらも黙殺されてきたオーリニャック文化段階を、後期旧石器時代初頭のものとして再評価した。[山下秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルテラックの関連キーワードマルクス経済学イビーインブリーソーパーパーソンフェスカフォック後藤三右衛門(2代)エンゲルスクレーニヒ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android