コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボキシル末端(読み)カルボキシルマッタン

栄養・生化学辞典の解説

カルボキシル末端

 カルボキシ末端,C末端,C末端残基,C末端アミノ酸残基ともいう.ペプチド鎖の遊離の-COOHのある末端.タンパク質生合成の際,アミノ末端から合成されるので,カルボキシル末端は最後に合成される側になる.天然のタンパク質やペプチドではアミド化されている場合もある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android