コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルマンの有効幅式 Karman's formula of effective width

1件 の用語解説(カルマンの有効幅式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

カルマンの有効幅式【Karman's formula of effective width】

矩形の平板が外力を受けて座屈した場合,座屈後の圧縮応力は板幅の支持端近接部のみで増加し,中央部ではほとんど変化しない.これを考慮して,周辺部に近い部分のみが一様な圧縮応力を負担するとして導いた座屈荷重 C を求める式である.

ここで t は板の厚さ,Eヤング率*,ν はポアッソン比*,σy は降伏点応力度を表す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルマンの有効幅式の関連キーワード座屈弾性エネルギー奉書矩形限界応力平板裂開受手永久歪み矩形斑岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone