外力(読み)がいりょく

精選版 日本国語大辞典「外力」の解説

がい‐りょく グヮイ‥【外力】

〘名〙
① 材料や構造などに外部から加わる力。⇔応力内力
※暦象新書(1798‐1802)中「粘力固大にして、外力の為に曲らざるを以て」
② 外部から加わる力。外から作用する力。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉上下思想とルパシカ思想「外力の圧迫の為めでは無くて内部が空虚で自然的に倒れるのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外力」の解説

がい‐りょく〔グワイ‐〕【外力】

物体または物体系に外部から作用する力。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android