コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルルマルクス峰 カルルマルクスほうpik Karla Marksa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルルマルクス峰
カルルマルクスほう
pik Karla Marksa

タジキスタン東部にある高峰。ゴルノバダフシャン自治州南西部,ホローグの東南東約 90kmに位置する。パミール高原のシャフダリンスキー山脈の最高峰で,標高 6726m。総面積 120km2の氷河が発達している。 1946年ソ連隊が初登頂。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android