カルロス ラヘ(英語表記)Carlos Lage

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
政治家 元キューバ国家評議会副議長,元キューバ閣僚評議会執行委員会書記

国籍
キューバ

生年月日
1951年10月15日

出生地
ハバナ

本名
ラヘ・ダビラ,カルロス〈Lage Dávila,Carlos〉

学歴
ハバナ大学

経歴
父は医師、母は著名な小説家。大学で医学、社会科学を修めた後、1976年キューバ共産党入党。共産主義青年同盟第一書記、カストロ議長の秘書室長などを歴任し、’93年から国家評議会副議長。最高執行・行政機関である閣僚評議会の書記や共産党政治局員も兼任し、外資導入策など一連の経済改革を指導。のち閣僚評議会副議長。2008年2月ラウル・カストロ体制で国家評議会副議長、閣僚評議会執行委員会書記。2009年3月内閣改造で閣僚職を解任。同月国家評議会副議長と共産党の全ポストを辞任。2000年10月来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android