解任(読み)カイニン

デジタル大辞泉の解説

かい‐にん【解任】

[名](スル)任務を解くこと。職務をやめさせること。免職と違って、本質的な身分には異動のないことが多い。解職。「取締役を解任する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいにん【解任】

( 名 ) スル
任務を解くこと。職務をやめさせること。解職。免職。 ⇔ 任命 「理事を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐にん【解任】

〘名〙 特定の地位や任務を解くこと。役をやめさせること。解職。免職。免官。げにん。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「水師提督智氏が帰国解任の後ち」 〔魏書‐司馬躍伝〕

げ‐にん【解任】

〘名〙 (「げ」は「解」の呉音) 官職をとくこと。任務をやめさせること。解官(げかん)。かいにん。
※続日本紀‐天平三年(731)一一月丁未「武官解任者、先例並属式部

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解任の関連情報