コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレメグダン公園 カレメグダンコウエン

1件 の用語解説(カレメグダン公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カレメグダン‐こうえん〔‐コウヱン〕【カレメグダン公園】

Kalemegdan》セルビアの首都ベオグラードにある要塞を中心とする公園。サバ川とドナウ川の合流点を見下ろす丘の上という戦略上の要衝に位置する。古代ローマ人が砦を築き、東ローマ帝国セルビア王国、オーストリアハンガリー帝国オスマン帝国などが増改築を繰り返した。古代ローマ時代の壁、中世の時計塔、オスマン朝の霊廟(れいびょう)のほか、軍事博物館、聖ルジツァ教会、聖ペトカ教会などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレメグダン公園の関連キーワードセルビアバルベオグラードセルビアモンテネグロセルビデオスタリラス聖サワ教会セルビア正教大聖堂ノビサドリュビツァ妃の邸宅

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone