コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロラ Carora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロラ
Carora

ベネズエラ北西部,ララ州西部の都市。州都バルキシメトの西約 90kmにあり,トクヨ川支流モレレ川にのぞむ。標高約 420m。ウシ,ウマ,ラバなどを飼育する牧畜地帯の中心地で,家畜を集散するほか,皮革,コーヒー,ゴムなどを移出する。植民地時代には比較的繁栄した町で,市内には古い聖堂や修道院などが残っている。バルキシメトと道路で連絡。人口7万 9907 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カロラの関連キーワードサンティー=ウォーターリー=カトーバ川水系ジェイムス・B. エドワーズジョン・ウオルター シボージュリアン メーフィールドウィリアム ウッドワードマイルズ フレッチャーアーネスト ホリングズストロム サーモンドスクエア・グラヴェルジョン エドワーズR.W. ライリーノースカロライナ州マイク イーズリービーバーダム鉱山ギャトリンバーグアラマンスの戦いタスカロラ海淵ディープサウスチャールストングリーンズバラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android