コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントメーター(英語表記)quantometer

世界大百科事典 第2版の解説

カントメーター【quantometer】

可視・紫外域における発光スペクトルや,X線蛍光スペクトルを利用した自動方式の多元素同時定量分析装置をいう。もともとはアメリカのARL(Applied Research Laboratory)社が開発した光電式発光定量分光分析装置につけられた商品名であるが,その後慣用的に普通名詞として用いられるようになった。可視・紫外域用のものは,分光写真器と写真感材を用いる発光定量分光分析の原理を光電測光法を採用して自動化したものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android