コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントメーター quantometer

1件 の用語解説(カントメーターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カントメーター【quantometer】

可視・紫外域における発光スペクトルや,X線蛍光スペクトルを利用した自動方式の多元素同時定量分析装置をいう。もともとはアメリカのARL(Applied Research Laboratory)社が開発した光電式発光定量分光分析装置につけられた商品名であるが,その後慣用的に普通名詞として用いられるようになった。可視・紫外域用のものは,分光写真器と写真感材を用いる発光定量分光分析の原理を光電測光法を採用して自動化したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カントメーターの関連キーワード閃光スペクトル発光スペクトル発光分光分析放出スペクトル弧光スペクトル炎光スペクトル蛍光スペクトル輻射スペクトル放射スペクトル発光スペクトル分析

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone