コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントメーター quantometer

世界大百科事典 第2版の解説

カントメーター【quantometer】

可視・紫外域における発光スペクトルや,X線蛍光スペクトルを利用した自動方式の多元素同時定量分析装置をいう。もともとはアメリカのARL(Applied Research Laboratory)社が開発した光電式発光定量分光分析装置につけられた商品名であるが,その後慣用的に普通名詞として用いられるようになった。可視・紫外域用のものは,分光写真器と写真感材を用いる発光定量分光分析の原理を光電測光法を採用して自動化したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android