カンパーニャディローマ(英語表記)Campagna di Roma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンパーニャディローマ
Campagna di Roma

イタリア中西部,ローマ周辺の平野および丘陵から成る農村地帯。北西部をブラッチャーノ湖アルバノ丘陵に,南西部を海に,それぞれ限られている。伝統的には放牧経済が行われてきたが,19世紀末以降,ローマの発展に伴って野菜栽培その他近郊農業がみられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android