平野(読み)へいや(英語表記)plain

翻訳|plain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「平野」の解説

平野
へいや
plain

地表凹凸の少い比較的平坦な地形をいう。形成原因により堆積平野浸食平野に大別される。堆積平野は主として河川堆積作用によって生じたもので,扇状地三角州自然堤防帯,後背湿地などを含む。また海成堆積面が離水したものは海岸平野と呼ぶ。堆積平野は日本など新しい造山地域に多く発達する。浸食平野は流水氷河,風などの浸食作用によって起伏ある山地が削られて平坦化したところで,地盤の安定した古大陸塊や古い造山帯に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「平野」の解説

ひら‐の【平野】

[1] 平坦な野原。へいや。
[2]
[一] 大阪市中央区北西部の町名薬種問屋両替商が多かった。
[二] 京都市北区南西部の地区名。古くは山城国葛野(かどの)郡上林郷。衣笠山東麓に位置し、平野神社がある。
[三] 大阪市の行政区の一つ。市の南東端にあり、中央部を平野川が流れる。中世から近世にかけて大商人が多く、とならぶ自治都市を形成。江戸時代は河内木綿の中心地。昭和四九年(一九七四東住吉区から分区成立。

へい‐や【平野】

〘名〙 山地に対し、低く平坦で、かつ広い地形。平原
※太平記(14C後)二九「所は何く共知らず渺々たる平野に」 〔梁簡文帝‐智法師墓誌銘〕

ひらの【平野】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「平野」の解説

ひらの【平野】[地名]

京都市北区、衣笠山の東麓の地名和歌では、ふつうその地にある平野神社をさす。[歌枕
「ちはやぶる―のの枝しげみ千代も八千代も色はかはらじ」〈拾遺・賀〉
大阪市南部の区名。中世はと並ぶ商業地、近世は河内木綿集散地として発展大念仏寺がある。

ひらの【平野】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「平野」姓の人物
平野国臣(ひらのくにおみ)
平野啓一郎(ひらのけいいちろう)
平野謙(ひらのけん)

へい‐や【平野】

平らに広くひらけた土地成因により海岸平野構造平野浸食平野堆積平野沖積平野などに分けられる。

ひら‐の【平野】

平坦な野原。へいや。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

農業関連用語「平野」の解説

平野

起伏が極めて小さく、ほとんど平らで、広く低い地域にある農業集落をいう。
なお、平地から続いた広く平らな地域であって、標高が概ね200m未満の範囲の地域にある農業集落を含む。

出典 農林水産省農業関連用語について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「平野」の解説

平野
ひらの

大阪府南東部にある一区で,戦国時代以来の商業都市
堺とともに自治都市として栄えた。この地の末吉氏は朱印船貿易に活躍し,ルソン・東京 (トンキン) などと貿易を行い有名。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

事典 日本の地域遺産「平野」の解説

平野

(青森県弘前市徒町川端町7)
趣のある建物指定の地域遺産。
大正時代建築。1955(昭和30)年から割烹として営業

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

世界大百科事典 第2版「平野」の解説

へいや【平野 plain】

もともと平野という語は,平地,平原,低地などの語とほぼ同じ意味をもち,常識的には,ある程度の広がりをもつ比較的平坦な土地を指す。しかし,丘陵,高原などと呼ばれる地形との厳密な区分はむずかしく,どの程度の土地の起伏(凹凸),傾斜,高度をもつものまでを平野と呼ぶかの基準はたてがたい。なお,周囲の大部分を比較的高い山地に囲まれている平野(高度は問わない)は盆地と呼ばれる。 平野は,その成因により,(1)土地が浸食されて平坦化された浸食平野(ペディメントpediment,準平原構造平野など),(2)土砂の堆積によってつくられた堆積平野(扇状地三角州などの沖積平野,湖岸平野,海岸平野,氷河周辺にみられるアウトウォッシュ・プレーンなど)とに二大別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の平野の言及

【海底地形】より

… 深海小丘地域abyssal hills海底の小さな高まりがある地域。 深海平原abyssal plainplain―深海にあって,平たんか緩く傾斜するか,またはほぼ水平な地域。 瀬shoal沖合にある未固結物質からなる海上航行に危険な場所。…

※「平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android