コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンペチェ湾油田群 カンペチェわんゆでんぐんCampeche

世界大百科事典 第2版の解説

カンペチェわんゆでんぐん【カンペチェ湾油田群 Campeche】

メキシコ南東部ユカタン半島の西側約80kmのカンペチェ湾上において,1970年代後半に新たな油田が複数発見された。これらはカンタレルCantarell油田(究極可採鉱量110億バレル),アブカトンAbkatum油田(同35億バレル),チャクChuc油田(同35億バレル),クーKu油田(同17.5億バレル),ポルPol油田(同13億バレル)などで,カンペチェ湾油田群と称される。発見された究極可採埋蔵量は少なくとも250億バレルと推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カンペチェ湾油田群

メキシコ南部、メキシコ湾の支湾、カンペチェ湾にある油田群の総称同国最大級のカンタレル油田など複数の油田をまとめていう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android