カンペチェ湾油田群(読み)カンペチェわんゆでんぐん(英語表記)Campeche

世界大百科事典 第2版の解説

カンペチェわんゆでんぐん【カンペチェ湾油田群 Campeche】

メキシコ南東部ユカタン半島の西側約80kmのカンペチェ湾上において,1970年代後半に新たな油田が複数発見された。これらはカンタレルCantarell油田(究極可採鉱量110億バレル),アブカトンAbkatum油田(同35億バレル),チャクChuc油田(同35億バレル),クーKu油田(同17.5億バレル),ポルPol油田(同13億バレル)などで,カンペチェ湾油田群と称される。発見された究極可採埋蔵量は少なくとも250億バレルと推定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android