カンボジア国民政府(読み)カンボジアこくみんせいふ(英語表記)National Government of Combodia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カンボジア国民政府」の解説

カンボジア国民政府
カンボジアこくみんせいふ
National Government of Combodia

三派連合政府ともいう。シアヌーク派,ソン・サン派,ポル・ポト派の三派から構成されたカンボジアの連合政府。 1979年からったベトナムによるカンボジア侵攻に反対して 82年7月,シアヌーク大統領 (当時) を中心に発足,ベトナムの支援を受けたヘン・サムリン政権 (プノンペン政権) と内戦を展開した。発足当初の呼称は「民主カンプチア連合政府」であったが,90年2月に改称された。国連をはじめとする国際機関における対外的な代表権は,一貫して三派連合のカンボジア国民政府が保持していたが,91年6月のカンボジア最高国民評議会 (SNC) 発足とともに代表権は SNCに移譲,国民政府自体もシアヌーク大統領が辞任のうえ,同年7月に SNC議長に就任したことから事実上消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android