カーギュ派(読み)カーギュは(英語表記)bKa' brgyud pa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーギュ派
カーギュは
bKa' brgyud pa

チベット仏教の一宗派。 11世紀以後に導入された無上瑜伽,母タントラを信奉する。マルパ・チューキ・ロドゥ (1012~97) からミラレパに受継がれ,ジェ・ガムポパ (79~1153) によってカーダム派の教義に引入れられ,教団仏教化したため,カルマ,パクモトゥ,ディグン,ツェル,ドウク,シャンなどの諸派に発展した。他方,ミラレパに立返ることを目指したニュンパ (聖狂者) と呼ばれるタントリストも現れた。 15世紀以後では新興の黄帽派によるカーダム派併合方針に対立して,カルマ派,特にその紅帽派が非改革派一般を動かし,ダライ・ラマ政権の成立まで争った。ドゥク派は 1616年以来ブータンに移り,その地を支配した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android