コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーギュ派 カーギュはbKa' brgyud pa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーギュ派
カーギュは
bKa' brgyud pa

チベット仏教の一宗派。 11世紀以後に導入された無上瑜伽,母タントラを信奉する。マルパ・チューキ・ロドゥ (1012~97) からミラレパに受継がれ,ジェ・ガムポパ (79~1153) によってカーダム派の教義に引入れられ,教団仏教化したため,カルマ,パクモトゥ,ディグン,ツェル,ドウク,シャンなどの諸派に発展した。他方,ミラレパに立返ることを目指したニュンパ (聖狂者) と呼ばれるタントリストも現れた。 15世紀以後では新興の黄帽派によるカーダム派併合方針に対立して,カルマ派,特にその紅帽派が非改革派一般を動かし,ダライ・ラマ政権の成立まで争った。ドゥク派は 1616年以来ブータンに移り,その地を支配した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カーギュ派の関連キーワードクンガ・レクパパクモトゥパチベット史活仏制度蔵巴汗

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android