教義(読み)きょうぎ

百科事典マイペディア「教義」の解説

教義【きょうぎ】

ギリシア語dogmaの訳で,〈教理〉とも。哲学上の教説に用いられることもあるが,一般に宗真理を述べるとされる諸命題キリスト教においてとりわけ重要で,理性ではなく啓示にかかわるものとされ,それゆえに排他性,独断性も生じる。三位一体論とキリスト両性論がその東方正教会は第2ニカエア公会議(787年)以後の新教を認めないが,ローマ・カトリック教会はこれを認め,〈マリア原罪の宿り〉〈教皇の無謬性〉は19世紀以降の教義。その解釈にあたるのが教義学dogmatics。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「教義」の解説

きょう‐ぎ ケウ‥【教義】

〘名〙 おしえの主旨。特に、宗教上の信仰内容が真理として説かれ、認められる、その教えの内容。教理。
曾我物語(南北朝頃)六「大聖釈尊は、其けうきをえて、都率天に住し給ふ」 〔落葉集(1598)〕〔周書‐宣帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「教義」の解説

きょうぎ【教義 dogma】

一般に宗教的真理を表明した命題を意味する用語。教理ともいい,哲学的・政治的信念主張を指して使われることもあるが,とくにキリスト教において重要な意義をもつ。元来ギリシア語に由来し,新約聖書では〈勅令〉〈取り決めた事項〉などを意味する語として使用され,古代後期のギリシア哲学では一般に特定の哲学的傾向を持った学派見解を意味し,たとえば〈ストア派のドグマ〉というように使用された。この後者の意味での〈ドグマ〉がキリスト教会の用語として取り入れられ,4世紀ごろから使用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「教義」の解説

【教義】きよう(けう)ぎ

おしえの趣旨〔劉整を奏弾す〕人の無なる、一に何ぞ此(ここ)に至れる。實に義の容れざる紳冕(しんべん)のつるなり。

字通「教」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android