コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カード型データベース かーどがたでーたべーす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カード型データベース

1つのレコードを1枚のカード状の形式にしたデータベース。住所録などの、入力項目が決まっている複数のデータを整理する場合などに利用される。データの操作は、それぞれのカード上で行う。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

カード型データベース

例えば住所録を作るとして、1件分の住所を1枚のカードに書き込むような感覚で作成したり、また作成した住所録をカードをめくるように閲覧できる機能を備えたデータベース・ソフトのことを指します。
⇨データベース、リレーショナル・データベース

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone