コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリチア Galicia

翻訳|Galicia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリチア
Galicia

19世紀のオーストリア帝国の地方名。カルパチア山脈の北部で面積7万 7000km2。 1910年の人口は約 800万人,そのうち 400万人のポーランド人,300万人以上のウクライナ人,80万人以上のユダヤ人に分れていた。中世以来肥沃な土地と交易上の重要な地点として,隣接のハンガリー,ポーランド,ロシアによって争われたが,1349年ポーランド領となり,農民はポーランド貴族の圧制下に苦しんだ。 1772年第1次ポーランド分割によりオーストリア帝国の属領となり,1848~49年に農奴制は禁止されたが,中央の政治,文化の主導権はポーランド人によって占められていた。これに対して,小ロシア人,ウクライナ人による民族運動が起った。第1次世界大戦後の 1919~23年はポーランド領。第2次世界大戦後東ガリチアはソ連軍により占領され,45年のソ連=ポーランド条約によりウクライナ共和国に属することになったが,西ガリチアはポーランド領として残った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガリチアの関連キーワードロート(Joseph Roth)シェムエール・ヨセフ アグノンカジミエシ3世(大王)アウシュウィッツ収容所ガリチ=ボルイン公国J. チランケビチリヴィフ歴史地区ポーランド農民党マウォポルスカポーランド軍団ワルシャワ公国チランケビッチヘブライ文学ウクライナ語チランケビチディートリヒルテニア人カウニッツポトツキ家ベネデク

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android