コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサビビョウキン(黄銹病菌) キサビビョウキンPuccinia; yellow rust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キサビビョウキン(黄銹病菌)
キサビビョウキン
Puccinia; yellow rust

担子菌類サビキン目に属する。ムギ類の茎,葉,穂に発生する銹病菌で,罹病部に胞子堆を列状に生じ,黄色い粉 (夏胞子) を飛散させる。ひどいときには葉は巻上がり,枯死する。ムギ類銹病菌のうちいちばん低温で繁殖するので,発生は早期である。中間宿主はまだ不明である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android