キッコー修道院(読み)キッコーシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

キッコー‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【キッコー修道院】

Iera Moni tou Kykkou》キプロス中西部、トロードス山脈の北西中腹にある修道院。ペドゥラス村の西方約20キロメートルに位置する。11世紀末の創建。何度か火災に見舞われたため、現在の建物は19世紀から20世紀にかけて建てられた。同国で最も著名な修道院であり、数多くの巡礼者が訪れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android