キノグラース(読み)きのぐらーす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キノグラース
きのぐらーす
киноглаз kinoglaz ロシア語

1920年代にソ連の記録映画監督ベルトフが提唱した映画運動。「映画眼(がん)」の意。「映画真実(キノプラウダ)」をとらえるため、世界の本質を見抜いてモンタージュする目のこと。[岩本憲児]
『リュダ&ジャン・シュニッツェル、マルセル・マルタン編、岩本憲児他訳『回想のロシア・アヴァンギャルド――インタヴュー・ソヴィエト映画を築いた人々』(1987・新時代社) ▽大石雅彦・田中陽編『キノ――映像言語の創造』(1994・国書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android