キノグラース(読み)きのぐらーす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キノグラース
きのぐらーす
киноглаз kinoglaz ロシア語

1920年代にソ連の記録映画監督ベルトフが提唱した映画運動。「映画眼(がん)」の意。「映画真実(キノプラウダ)」をとらえるため、世界の本質を見抜いてモンタージュする目のこと。[岩本憲児]
『リュダ&ジャン・シュニッツェル、マルセル・マルタン編、岩本憲児他訳『回想のロシア・アヴァンギャルド――インタヴュー・ソヴィエト映画を築いた人々』(1987・新時代社) ▽大石雅彦・田中陽編『キノ――映像言語の創造』(1994・国書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android