回想(読み)かいそう(英語表記)recollection

翻訳|recollection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「回想」の解説

回想
かいそう
recollection

心理学用語。過去の出来事を思い出すこと。広義の再生に含まれるが,特に,(1) 再生の対象が自己に密接に関係,再生に際して過去の生活体験を伴う,(2) 再生の内容が環境のコンテクストなかで現れる,(3) 現実に再生のきっかけが少い,などの特徴をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「回想」の解説

かい‐そう クヮイサウ【回想】

〘名〙 過ぎ去ったことを思い起こすこと。回思
※星巖集‐甲集(1837)梨花村草舎集・過如亭山人埋骨処潜然成長句「想涼風埋殯日、枯藤条束木皮棺」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「前年六両の金を攘(ぬす)みし時の有様を回想せば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「回想」の解説

かい‐そう〔クワイサウ〕【回想】

[名](スル)かつて経験したことを思いめぐらすこと。過去のことをふりかえって思いおこすこと。「少年の日を回想する」
[補説]「」「けり」など、一般には過去の助動詞とされるものを回想の助動詞ともいう。山田孝雄の用語にもとづく。
[類語]懐旧懐古懐かしむ追憶追想回顧記憶追懐懐郷望郷顧みる振り返る思い返す偲ぶ思う思い浮かべる思い出す想起する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android