コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キフト Qift

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キフト
Qift

旧名コプトス Coptos。エジプト中部,ナイル川西岸,キナー県の町。エジプト古王国時代に創設された町といわれる。3世紀にローマによって滅ぼされ,のちにコプト人の居住地となった。中世には隊商路の重要な拠点であった。穀物,サトウキビを産する。人口1万 5000 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のキフトの言及

【コプトス】より

…上エジプトのナイル東岸にあった古代都市。現在名はキフトQift。上エジプト第5ノモスの州都,豊饒神ミンの信仰の中心地で,大神殿の遺跡がある。…

※「キフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キフトの関連キーワードキフティー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android