コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャリエ係数 Callier coefficient

1件 の用語解説(キャリエ係数の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

キャリエ係数【Callier coefficient】

「キャリヤー係数」と記してある成書もある.写真画像における平行光濃度(Dp)と拡散濃度(Dd)の商である.写真画像の濃度測定において,照射強度 I0 の光を当て,透過光強度が I だった場合,写真濃度は D=log(I0/I)で定義される.しかし,写真画像は微細な銀の粒子からできているため,平行光線で測定した場合の濃度 Dp と拡散光で測定した値 Dd は一般に等しくない.そこで QDp/Dd をとると,この値は通常1より大きくなる.この Qキャリエ係数と呼んでいる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャリエ係数の関連キーワードジブラ分布キャリアズキャリアギブラットの分布トゥーレの法則ヒュフナーの式プレヴォの法則(頭部疾患)メヤール係数リボーの記憶法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone