コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンドモータポンプ キャンドモータポンプcanned motor pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャンドモータポンプ
canned motor pump

作動させようとする液体に,モータ自身がポンプ羽根とともに浸っているポンプ。モータの固定子の内側に耐食性の円筒形ライナを気密にはめこみ,回転子も同様にステンレススチールで包み,モータ作動部が液と絶縁されている。モータ内部にも液体が入り,むしろ潤滑,冷却の作用をする。普通渦巻ポンプとして,漏液の絶対許されない化学用液,有毒液,帯放射能液用に使われている。 1950年代にアメリカでケミポンプとして開発され,大型のものも製造され,おもに原子力工業の冷却材の循環ポンプとして使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャンドモータポンプの関連情報