冷却(読み)れいきゃく

精選版 日本国語大辞典「冷却」の解説

れい‐きゃく【冷却】

〘名〙
① 温度が下がること。また、温度を下げること。〔広益熟字典(1874)〕
熱意・興奮がさめること。また、熱意・興奮をさますこと。
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉一身一家経済の由来「そんな人が何処に在るかと云て私を冷却(レイキャク)するから」
③ 放射性物質を放置して自然に放射能を減少させること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「冷却」の解説

れい‐きゃく【冷却】

[名](スル)
温度を下げること。また、温度が下がること。「機関を冷却する」「冷却水」
熱した感情・気分などをさますこと。また、さめること。
「此父子の間に纏綿する暖かい情味を次第に―せしめた丈である」〈漱石それから
[類語]冷やす冷ます冷房冷める冷えるクーラー扇風機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「冷却」の解説

れいきゃく【冷却 cooling】

高温の物質から熱を奪い,低温の状態にする操作およびその過程をいう。一般に物質は,ある温度以上になると,固液相,液相→気相,あるいは同じ固相でもその組織が変わったり,磁性などの物理的性質が変わるといった相転移を起こす。したがって,ある系を安定して運転するためには冷却が必要となる。工作機械で切削面にを注いで冷却したり,原子炉炉心冷却材を通して熱を炉外に出しているのはそのためである。動力炉の場合は,取り出した熱を動力源として利用している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android