コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キラウエア火口 キラウエアかこう

世界の観光地名がわかる事典の解説

キラウエアかこう【キラウエア火口】

アメリカのハワイ州ハワイ島、今も活動を続けるキラウエア山にある、直径約4.5km、深さ約130mの大カルデラ。中にはいくつかの噴火口があり、最大のものは直径約800mのハレマウマ火口で、火の神ペレが住んでいるといわれている。毎年のように側面噴火を起こしていて、近年での大噴火は1983年に発生している。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android