コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンブ族 キンブぞくKimbu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンブ族
キンブぞく
Kimbu

タンザニア西部,ルクワ湖の東の森の多い丘陵地帯に住むバンツー語系民族。隣接するニャムウェジ族と文化的,歴史的に密接な関係をもっている。分散した小集落に住み,移動耕作により小規模に雑穀類やとうもろこしなどをつくっているが,生活は狩猟や蜂蜜採集などにも依存している。伝統的には,分裂増殖する多数の独立した首長国に分れていた。海岸と内陸を結ぶ交易路の要所に位置していたため一時期隆盛を誇った。父系的な氏族をもち,父系リニージが地域集団の核となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android