分裂(読み)ぶんれつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「分裂」の解説

分裂
ぶんれつ

(1) division 生物の細胞,組織,または個体がそれぞれの単位で2つにれること。 (2) fission 二分裂ともいう。特に単細胞の個体が,等価の新2個体に分れること。ゾウリムシアメーバ類イソギンチャク類ナミウズムシ (プラナリア) などにみられる。なお,divisionと fissionの語は,必ずしも十分に区別されないでも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「分裂」の解説

ぶん‐れつ【分裂】

〘名〙
① 一つのものや、まとまっているものが、分かれていくつかになること。
※解体新書(1774)三「肺篇〈略〉左右各分裂而為二或為三」
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉三「国乱内変にて合邦或は分裂し」 〔史記‐始皇本紀〕
② 生物の細胞やが分かれて細胞や核を新生して増殖すること。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「分裂」の解説

ぶん‐れつ【分裂】

[名](スル)
一つのまとまりが、いくつかのものに分かれること。「会が分裂する」「核分裂
生物の一個体が二つ以上の個体に分かれて増殖する無性生殖の方法。
[類語]分離分解解体分かれる割れる離れる外れる離脱独立外す分ける分割四分五裂遊離隔たる遠ざかる遠のく離隔隔絶乖離かいり切り離す断ち切るちぎれる張り裂ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「分裂」の解説

ぶんれつ【分裂 fission】

栄養生殖(無性生殖)の一型式で,母体が二つまたは多数のほぼ等しい部分に分かれ,それぞれが独立した新個体となる生殖法。最も簡単な分裂は細菌,ケイ藻,原生動物など単細胞生物にみられる2分裂で,細胞の分裂が同時に個体の増殖をもたらす。成熟した細胞は分裂によって若返るので,2分裂によって母体が二つの若い個体に転生する単細胞生物には,多細胞生物に宿命的な老衰による個体のは存在しない。細胞質の分裂をともなわないで核分裂が続して多核状態となり,その後に核の数に応じて細胞質が等分される分裂を多分裂multiple fissionといい,有孔虫,放散虫,マラリア病原虫などにみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「分裂」の解説

【分裂】ぶんれつ

ひき裂く。ばらばらになる。〔礼記月令〕(季秋の月)を行ふときは、則ち國に盜多く、邊(やす)からず、土地裂す。

字通「分」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android