コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分裂 ぶんれつ

4件 の用語解説(分裂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分裂
ぶんれつ

(1) division 生物の細胞,組織,または個体がそれぞれの単位で2つに分れること。 (2) fission 二分裂ともいう。特に単細胞の個体が,等価の新2個体に分れること。ゾウリムシアメーバ類イソギンチャク類ナミウズムシ (プラナリア) などにみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐れつ【分裂】

[名](スル)
一つのまとまりが、いくつかのものに分かれること。「会が分裂する」「核分裂
生物の一個体が二つ以上の個体に分かれて増殖する無性生殖の方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんれつ【分裂 fission】

栄養生殖(無性生殖)の一型式で,母体が二つまたは多数のほぼ等しい部分に分かれ,それぞれが独立した新個体となる生殖法。最も簡単な分裂は細菌,ケイ藻,原生動物など単細胞生物にみられる2分裂で,細胞の分裂が同時に個体の増殖をもたらす。成熟した細胞は分裂によって若返るので,2分裂によって母体が二つの若い個体に転生する単細胞生物には,多細胞生物に宿命的な老衰による個体の死は存在しない。細胞質の分裂をともなわないで核分裂が続行して多核状態となり,その後に核の数に応じて細胞質が等分される分裂を多分裂multiple fissionといい,有孔虫,放散虫,マラリア病原虫などにみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんれつ【分裂】

( 名 ) スル
いくつかに分かれること。 「党が二つに-する」
生物の細胞・組織・器官・個体などが二つまたはそれ以上に分かれること。
単細胞生物および多細胞生物における無性生殖の主要な方法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分裂の関連キーワード栄養生殖生殖接合藻類無性生殖無性世代生殖細胞芽生生殖単性生殖有性生殖両性生殖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分裂の関連情報