ギャチュン・カン山(読み)ぎゃちゅんかんさん(英語表記)Gyachung Kang

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギャチュン・カン山
ぎゃちゅんかんさん
Gyachung Kang

ネパール・ヒマラヤ山脈、エベレスト山の北西約25キロメートルにある高峰。標高7922メートル。南に流れるドウド・コシ川上流の氷河上にそびえる。西から東へ延びるチョー・オユー山(8201メートル)、ゴジュンバ・カン山(7646メートル)と同じ尾根上にあり、これがネパールと中国チベット自治区との国境稜線(りょうせん)になる。ギャチュン・カン山の南壁はそそり立つような絶壁で、第二次世界大戦後イギリス隊によって何度か偵察されたが試頂はされなかった。本格的には1964年、長野県山岳連盟隊(正式名は全日本山岳連盟ヒマラヤ登山隊、隊長古原和美、1923― )が、南のゴジュバ氷河から攻撃し、4月10日に初登頂に成功した。[金子史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android