チョー・オユー山(読み)ちょーおゆーさん(英語表記)Cho Oyu

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョー・オユー山
ちょーおゆーさん
Cho Oyu

ネパール・ヒマラヤ山脈エベレスト山の北西約27キロメートル、ヒマラヤ山脈の主軸上にある高峰。標高8201メートルで世界第6位にランクされる。ドウド・コシ川の源頭部の氷河上にそびえ、このすぐ東の尾根伝いにゴジュンバ・カン山第二峰(7646メートル)、ギャチュン・カン山(7922メートル)が続く。インド測量局はただ「ピーク5」の記号でよんだが、その後1921年のイギリスの第一次エベレスト遠征隊がこの付近を偵察し、初めてチベット語でチョー・オユーという名でよばれていることを発見した。チョー・オユーとは「トルコ玉の女神」といった意味であり、青いトルコ玉はチベット人が珍重する貴石である。第二次世界大戦後の1952年イギリスのエベレスト遠征隊(隊長エリック・シプトンEric Shipton)が偵察、54年、オーストリア隊(隊長ヘルベルト・ティッチーHervert von Tichy)が攻撃中、フランス・スイス合同のガウリ・サンカル登山隊が強引に割り込んできたため競合になったが、10月19日、オーストリア隊によって初登頂された。地質学的にはエベレスト山と同じ石灰岩系統とみられる。[金子史朗]
『ヘルベルト・ティッチー著、横川文雄訳『チョー・オユー登頂 神々の恩寵』(1927・朋文堂) ▽高橋和之著『ヒマラヤを翔ぶ チョー・オユー8201m』(1988・朝日新聞社) ▽日本ヒマラヤ協会編『ヒマラヤへの挑戦 エベレスト カンチェンジュンガ マカルー ローツェ チョー・オユー』(2000・アテネ書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android