絶壁(読み)ゼッペキ

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐ぺき【絶壁】

切り立ったがけ。懸崖(けんがい)。「断崖絶壁
後頭部に丸みがなく平らになっていること。また、そのような頭。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜっ‐ぺき【絶壁】

〘名〙
① 切りたったがけ。ひじょうにけわしいがけ。絶崖(ぜつがい)。懸崖(けんがい)。断崖(だんがい)。きりぎし。
※四河入海(17C前)三「北方の山の絶壁を照す日光が北窓へうつりて、てりかかやくぞ」
※杜子春(1920)〈芥川龍之介〉「やっと耳にはひるものは、後の絶壁(ゼッペキ)に生えてゐる、曲りくねった一株の松が、こうこうと夜風に鳴る音だけです」 〔謝霊運‐登石門最高頂詩〕
② 後頭部がまるくなく、たいらであること。また、その頭。
※夢声戦争日記〈徳川夢声〉昭和一八年(1943)二月一五日「父である小和田氏の頭も、妻に聴くと、『ゼッペキよ』である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶壁の関連情報