コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシャ独立戦争 ギリシャドクリツセンソウ

デジタル大辞泉の解説

ギリシャ‐どくりつせんそう〔‐ドクリツセンサウ〕【ギリシャ独立戦争】

15世紀以来オスマン帝国の支配下にあったギリシャ独立戦争。1821年から1829年まで続いたが、ロシア・フランス・イギリスがギリシャを支援したため、オスマン帝国は1829年のアドリアノープル条約で独立を認めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ギリシャどくりつせんそう【ギリシャ独立戦争】

ギリシャがオスマン帝国支配から独立した戦争。ギリシャは1821年に反乱を起こし、イギリス・フランス・ロシアがこれを支援。29年オスマン帝国はギリシャ独立を承認した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシャ独立戦争
ギリシャどくりつせんそう

ギリシア独立戦争」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ギリシャ独立戦争の関連キーワードキオス島の虐殺パラミディ要塞GGバイロンスペツェス島エルムポリスイドラ島エギナ島バイロンパトララミア

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android