クアドラトゥス(英語表記)Quadratus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クアドラトゥス
Quadratus

2世紀頃のギリシアの神学者,聖人。ギリシア系最古のキリスト教護教家。エウセビオスの『教会史』によれば,124年頃ハドリアヌス帝に護教書を送ったことなどが述べられている。この護教書と『ディオグネトスへの手紙』 (現存) とを同一視する説もある。祝日は5月 26日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android