コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現存 げんそんpresence

翻訳|presence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現存
げんそん
presence

現に目の前にあること。そのような存在者 (日本語ではそれぞれ,現前,現存と使い分けることがある) 。時間的現在と表裏一体をなし,不在と対立する。また,カトリックの教義では,聖体のパンとぶどう酒にキリストの血肉が実体変化して宿っていることを「実的現存」と言い表わす (臨在と訳す) 。現存の概念が重要なものとなったのは,20世紀前半の人格主義的な実存主義の思想においてである。たとえば G.マルセルにとってそれは,私-あなたという対面の人間関係とそのような関係のなかにいる本然的な人間存在をさす。また同じ思想傾向に立って H.グイエは,俳優の迫力を現前と呼ぶ演劇用語の伝統をふまえつつ,演劇を現前の芸術と規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐そん【現存】

[名](スル)《「げんぞん」とも》現在、実際にあること。現実に存在していること。「現存する最古の文献」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんそん【現存】

( 名 ) スル
〔「げんぞん」とも〕
現在、実際にあること。現在、生きていること。 「 -する人物」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

現存の関連キーワード京都府京都市伏見区深草稲荷御前町兵庫県神戸市北区山田町衝原ヘファイスチオン宮城県石巻市中瀬ハルポクラチオン日本国見在書目録ウグッチョーネ粗資本ストック男衾三郎絵詞アプレイウスアルキダマス潜在自然植生浅草花やしき風葉和歌集枕草子絵巻類聚三代格般舟三昧経孔雀経音義傷寒雑病論残簡・残翰

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現存の関連情報