祝日(読み)しゅくじつ

精選版 日本国語大辞典「祝日」の解説

しゅく‐じつ【祝日】

〘名〙
① 祝いの日。祝いごとのある日。また、特に、で定めた祝いの日。国民の祝日。しゅくにち。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「祝日に非ざれば肉類を食ふを得ず」
キリスト教で、の日(日曜日)、固定祝日教会暦一定の日に守られるもの)、移動祝日(復活日に伴って移動するもの)などの総称。しゅくにち。

いわい‐び いはひ‥【祝日】

〘名〙 喜び祝う日。祝い事のある日。しゅくじつ。
※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)七「どみんごと、ゑけれじゃよりふれたまふ いはひ日にしょしょくをやむる」

しゅく‐にち【祝日】

※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)一「ヲウキナル xucunichiniua(シュクニチニワ) ゼンジノ サダメヲ アラタメテ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の祝日の言及

【祝祭日】より

…祝典・祭典を行う日のことであるが,現在は主として国家が制定したり,国際的な協定によったりした祝日,祭日をさす。ヨーロッパ諸語の祝祭日を意味する言葉はfeast(英語),fête(フランス語),fiesta(スペイン語)などであるが,英語を例にとるとこの語には〈饗宴〉〈めったにない豊かな食事・ごちそう〉の意があり,さらに〈楽しみのための集り〉という古義もある。…

※「祝日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android