コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサマルハチ くさまるはち

世界大百科事典内のクサマルハチの言及

【マルハチ】より

…葉が不鮮明な離層で脱落するが,落ちたあと幹の表面に,維管束の配列が漢字の八の字を逆にしたように見えるので,丸の中に八の字が見えるということから和名がついた。これが基となり,ヘゴ科の和名のように使われるようになったので,幹が形成されず,したがって丸の中に八の字の見える葉の痕跡が残らないクサマルハチのような種にも,同じ名が与えられている。幹は直立して5mに達し,先端に葉を冠状に出す。…

※「クサマルハチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クサマルハチの関連キーワード中村(高知県)四万十(市)マルハチヘゴ中村

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android