クダラット(英語表記)Katchile Qudarat

世界大百科事典 第2版の解説

クダラット【Katchile Qudarat】

?‐1671
フィリピン史上でもっとも強大なイスラム国家を樹立したスルタン。1619年ころ,ミンダナオ島マギンダナオ族の首長(ダトゥ)になった。この頃マギンダナオ族はミンダナオ征服をめざすスペインの攻撃の的になっていて,1637年には首都ラミタンLamitanが占領された。しかし,クダラットはまもなく,マギンダナオの地からスペイン勢力を一掃したばかりでなく,ミンダナオ西部のシブゲイ湾からイラナ湾を経て南東部のダバオ湾にいたる地域一帯の海岸地帯と,ラナオ湖周辺およびプランギ川上流域の内陸部に住むイスラム諸部族を配下におさめて,スルタン位に上り,フィリピン史上最大のスルタン国家を建設して,スペインのミンダナオ進出を阻止した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android