クライズデール(読み)くらいずでーる(英語表記)Clydesdale

翻訳|Clydesdale

日本大百科全書(ニッポニカ)「クライズデール」の解説

クライズデール
くらいずでーる
Clydesdale

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の1種ウマの1品種で、イギリスのスコットランド南東部が主産地。体高1.65メートルの大形の重輓馬(ばんば)である。最近ではアイルランドでも生産が増加し、アイルランド(アイリッシュ)クライズデールが固定された。こちらの体高は1.7メートルで、多くの国に輸出されている。クライズデールは、17世紀に、ベルギーのフランドル地方に産するフランダー馬の牡馬(ぼば)を輸入して在来馬に交配し重厚な農馬を生産したのに始まり、その後クリーブランドベイ、シャイヤーなどが混血した。頭と頸(くび)は長く、体は幅があり、筋腱(きんけん)の発達した長い肢(あし)をもち、膝(ひざ)と飛節の下は毛深い。その活発な動作が好まれている。

[加納康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android